絨毯の修理について

今の時間は、うっすらと晴れ間も見える静岡市ですが、夜からは雨が降り出すみたいです。

明日の土曜日は、雨脚が強まるなんて予報も聴きましたけど、せっかくの週末

晴れてほしいですよね!

 

さて、本日は絨毯の修理のお話です。

絨毯を長年使うと、どうしても切れてしまったりする箇所が出てきてしまいます。

こんなふうに端の部分が切れてしまったりすることもあります。

そんなときにはアートラインに相談してみてください。

細かいシルクの絨毯もきれいに修理させていただきます。

 

このほかにも、房の部分の修理なども可能です。

 

早めに修理をして長く楽しんでください。

 

じゅうたんのクリーニングについて

早いものですねえ~~

今日から6月です。

西から梅雨の便りが聞こえてきました。

もう少しすると、日本列島はすっぽりと雨のシーズンに入ってしまいそうですね!

 

さて、今回は クリーニングのお話です。

長年お使いのギャッベや絨毯、キリムをクリーニングしたいんだけど。。。なんて思ったら

アートラインにお任せください!

絨毯専門店ならでは、現地の技術を持った職人がきれいに仕上げます。

一生物のじゅうたん。

定期的なお手入れをしてあげて、次世代まで受け継いでいってください。

 

本日のアステンでも掲載していただきました。

 

 

可愛すぎるお客様

何か月も前から話題となっていた10連休も、あと残りわずかです。

皆様、10連休は何かご予定ありましたか?

アートライン、パシャ呉服町、アートハウス藤枝は、連休最終日まで営業しております。

ギャッベの新商品もたくさん入荷しております。

皆様、是非お出かけください。

 

さて、昨日ですが、アートラインにかわいいお客様が来てくださいました(^-^)

1歳のKくん

可愛すぎて、写真いっぱい撮らせていただきました!

ご両親の了解もいただきましたのでブログでご紹介させていただきますね(^_^)/

 

 

最初は緊張ぎみ??

おとうさんといっしょ!

だんだん緊張がとれてきました(^-^)

VOLVOくんといっしょ!

「はい どうぞ」

ギャッベ気に入っていただけたみたいです。

ありがとうございました。

 

もう少しで、ギャッベの上で歩き出しそうでしたね(*^_^*)

まるごとコーディネート

ご新築のお宅をコーディネートさせていただいました。

まずは玄関にはターメリックで染めた黄色に生命の樹を織り込んだオリジナルのトルコギャベを

白を基調とした素敵な玄関によくお似合いです。

正面には庭が見えますので、四季折々の花と一緒に楽しんでいただけそうです。

トルコでは今はギャベを織る工房はアートラインの自社工房以外にはありません。

オリジナルのトルコギャベは、アンゴラ羊と仔羊とで紡いだ最高品質のウールと絶妙な色バランスの草木染の糸で織っています。

 

各お部屋にも何枚かコーディネートさせていただきました。

素敵なブルーのザグロスギャッベ

生成りベースに可愛いギャッベ柄のニューカシュガイギャッベ

 

素朴感いっぱいのカシュガイギャッベ

 

そしてシルク絨毯の最高峰ともいわれるヘレケシルク絨毯で作ったチェアーとオットマンチェアーの前にライオン柄のザグロスギャッベをコーディネートさせていただきました。

F様、ありがとうございました。

 

 

 

モダンアンティーク絨毯をお洒落にコーディネート

ご新居に、当店にていろいろと揃えて下さいましたK様から写真をいただきましたのでご紹介します。

 

トルコのオールド絨毯を染め直したモダンアンティーク絨毯を素敵に使いこなしていただいています。

まるで雑誌に出てくるようなインテリアです。

 

玄関にはトルコのヤストゥク絨毯とキリムチェアーを選んでくださいました。

キリムチェアーの座面は赤く染め直したキリムを張っています。

広い土間にはサーフボードが・・・

そしてヤシの樹の模様を織り込んだギャッベをポイントに選んでくださいました。

他の写真も見せていただきましたが、他で見ることのない素敵なお宅でした。

お聞きしたところ、ご自分で施工されたそうです。

それで、インテリアのセンスも良いんですね!

うらやましい!!

K様、ありがとうございました。

 

ギャッベの修理

先日のギャッベ修理の事例をご紹介します。

15年ほどお使いのギャッベの片側の房が短くなってしまったため、房をなくしたいとのご依頼をいただきました。

最近の掃除機はパワーがありますので、長い間に短くなってしまったんだと思います。

片側の房だけが短くなっています。

それでも3cmほどの長さは残っていましたので、房を裏側に織りベルトで止める方法ができました。

こんな感じに仕上がりました!

すっきりと房が見えなくなりました。

もうひとつ、お客様は「他店」でクリーニングをしたが、仕上がりが気に入らなかったようで、クリーニングのやり直しも依頼してくださいました。

毛足がねたままになってしまったのが気に入らなかったようです((+_+))

当社にてもう一度クリーニングをしてお渡ししたら満足して下さいました。

※写真はクリーニング前です。仕上がりの写真を撮り忘れましたm(__)m

手織りのギャッベは機械織りの絨毯に比べると決して安い買い物ではありませんよね。

だからこそ、修理もクリーニングもできる専門店が安心だと思います!

長く使っていただきたいです。

 

かわいいお客様

 

以前には、リビングサイズと玄関サイズのギャッベをご購入いただきましたY様に

3枚目のザグロスギャッベを決めていただきました。

先日、納品に伺いましたので写真を撮らせていただきました。

かわいい次男君、ザグロスギャッベがとてもお似合いですね(^-^)

どうもありがとうございました。

お客様の写真

以前にご購入いただいていたお客様から写真をお送りいただきましたのでご紹介します。

マンションの完成を待つ間にギャッベを選んでいただきました。
シンプルなインテリアにされたいという事で、リビングは落ち着いた茶色に。

シンプルなベッドルームに真紅のギャッベが映えています。

お母様のベッドルームにはナチュラルのグラデーションに動物柄を。
可愛らしい赤いチェックのベッドカバーとの組み合わせがナイス!です。

U様、素敵なお写真をありがとうございました。

クリスマスシーズンには、サンタ柄のキリムが加わるんですね(^-^)

絵画のようなザグロスギャッベ

決算セール最後の土日はたくさんのお客様にご来店いただきましてありがとうございました。
十分なご対応が出来なかったお客様にはお詫び申し上げます。

本日もたくさんのギャッベをご紹介させていただいた中、絵画のようにきれいなザグロスギャッベに出逢っていただきました。

可愛いBabyちゃんを連れてご来店いただいたN様ファミリー。

最終候補に残った2枚で、ご主人様と奥様の意見が分かれてしまいましたが、そこは優しいご主人様が奥様に一歩譲るかたちで素敵な1枚を決定して下さいました。

写真で見せていただいた新居がとても素敵。

納品させていただくのが楽しみです(^-^)

 

アートラインの決算セールは残り2日。

14日の火曜日は定休日を返上し営業させていただきます。

まだまだ素敵な絨毯やギャッベがあります。

お得に手に入れるチャンスです。

是非お越しくださいませ。

お待ちしております。

キリムと和の暮らし展~トルコ風お茶会へようこそ~

1月27日(金)から31日(火)まで、静岡市葵区呉服町のギャラリーワタナベカメラにて「キリムと和の暮らし展」を開催します。

キリムとは、イスラム圏で織られている平織の織物のことをいいます。
トルコ、イラン、アゼルバイジャン、トルクメニスタンなど国によって模様も様々。
元々は、彼らの生活を守るための敷物や生活に便利な道具として織られていたキリムが世界中でインテリアとしておしゃれに使われています。

キリムは、宗教も習慣も文化も生活様式も違う日本の暮らしにもとても良く合うんですね!
これまでにも、アートラインでは和の中にキリムを使ってくださるたくさんのお客様との出逢いがありました。

SONY DSC

キリム展

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

nakata sama kilim

日本の暮らしの中に溶け込んでいます。

畳とキリム、着物とキリムなど、ともに受け継いでいきたい素晴らしい手仕事をご紹介出来ればと思っております。

トルコのチャイなどもご用意しお待ちしております。

皆様、是非お越しください。