ザグロスギャッベ展 in パシャ呉服町は2/7からスタート!

昨日あたりから冬将軍到来で、静岡市も冷えております。

こんな日は、あたたかいギャッベで家族団らんがいいですよね。

さて、静岡市呉服町通りのギャッベ、キリム、絨毯を扱う専門店「パシャ呉服町」では、

明日2月7日(金)~2月14日(金)の8日間、「ザグロスギャッベ展」を開催いたします。

会場は、静岡市葵区呉服町2-2-4、静岡市呉服町通りを静岡伊勢丹方面に進んでください。静岡伊勢丹まで徒歩1分の場所です。 (TEL 054-266-4662)

 

静岡市一番の商店街、呉服町通りに店舗をオープンし、ギャッベを常設して6年目ですので、お馴染みのお店と思って下さる方も多いと思います(^-^)

最近来店したばかりというお客様も、是非再来店して下さいね。

入荷したばかりの新作ギャッベもたくさん見ていただけます。

 

ギャッベを織る機も置いていますので、タイミング良ければ結び方などもお見せしますよ。

展示会期間中は、弊社オーナーのアリ ウチュムも常駐いたします。

世界屈指の絨毯生産国トルコに生まれ、絨毯を稼業とする父から絨毯の基本を教わり、数多くの絨毯を見て触れて育ちました。

1998年に初来日してからは、日本全国の三越や高島屋などの有名百貨店にて販売経験を積んできました。

2006年からは、静岡市を拠点に全国でギャッベや絨毯の素晴らしさをご紹介しています。

その傍ら、トルコとイランには自社工房を構え、糸を染め、ギャッベや絨毯を織り、仕上げまでを行っていますので、ギャッベや絨毯などのことは熟知しています。

ただ仕入れてきて販売しているだけではありません(^_^)/

疑問に思っていることを聞いてみてくださいね!

2020年最初のザグロスギャッベ展に是非お越しください。

そして、お気に入りの1枚を見つけてくださいね。

ご購入後のお困りのことがあれば直ぐに聞いて下さい。

アフターフォーローもお任せください。

数年後のクリーニングもお任せください。

長く使っていただく一生物ですので、近くのギャッベ専門店が安心です!!

 

アリ ウチュムをはじめ、パシャ呉服町スタッフ一同お待ちしております。

 

2019年12月30日

本日が仕事納めです。
銀行関係、年賀状
例年通りにバタバタと一日が過ぎてしまいました。
皆さんはどんな一年でしたか?
2019年の日本は、令和という新しい年号に変わったり、消費税増税があったり、いろんな変化がありましたね。
景気がいいという感じではなかったような気もします。

2020年に期待をしたいものです。

アートラインは来年1月4日から営業いたします。

尚、呉服町パシャは、1月2日が初売りです。
皆様、是非ご来店ください。

 

2020年も、アートライン、パシャ呉服町、アートハウスをよろしくお願いいたします。

 

 

ザグロスギャッベ展 in ARTLINE&PASA(カシュガイ族編)

ザグロスギャッベ展 in ARTLINE & PASA  の お知らせ

日時:2019年11月22日(金)~12月1日(日)

場所: ARTLINE 静岡市駿河区東新田2-16-25

         TEL: 054-201-9945

            PASA GOFUKUCHO   静岡市葵区呉服町2-2-4

         TEL: 054-266-4662

今週の金曜日から、本店ARTLINE(アートライン)と呉服町店PASA(パシャ)にて

ザグロスギャッベ展を開催します。

手織りのギャッベは、すべて一点物。

お早目のご来店で、たくさんの中からお気に入りを見つけてください。

ARTLINEのギャッベは、イランの遊牧民カシュガイ族に織ってもらいます。

カシュガイ族の女性たちは、小さい頃からお母さんやおばあちゃんから織り方を教わり、嫁入りの頃には、上手に織れるようになり、自分で織ったギャッベを嫁入り道具として持っていきます。

結婚に夢を持って、こつこつギャッベを織るなんて、健気ですよね。

一目一目、心を込めて織りあげるギャッベは、温かみを感じます。

今回は、ARTLINEのギャッベを織ってくれる、カシュガイ族をご紹介します。

カシュガイ族が生活するテントは、大自然から自分たちの生活を守るために、彼女たちが手織りしたギャッベやキリムが敷き詰められています。

 

オーナー兼バイヤー兼じゅうたんアドバイザーアリとカシュガイ族のお嬢さん

 

勉強の片手間に、楽しみながらギャッベを織る練習をします

 

カシュガイ族の女性は、いつもきれいな民族衣装を身につけています。

 

お母さんたちもお洒落好き

 

ロバも羊も大切な家族です。

ザグロス山脈の麓に暮らす、遊牧民カシュガイ族たちは、厳しい自然と闘いながら、生活してきました。

自分たちの生活を守るため、より快適にするために、身近な羊の毛でギャッベや絨毯やキリムを織ってきました。

体にいいウールを草木で染めた糸で模様をいれ、手織りの織物を受け継いできまhした。

何もない生活に彩りを添え、生活を豊かにしてきました。

 

温かみのある、体に良い、一生物の織物は、インテリアとして世界中で楽しまれています。

ザグロスギャッベ展(6/20~6/23)

会場:ARTLINE   静岡市駿河区東新田2-16-25 TEL 054-201-9945

店舗の詳細はこちらをご覧ください(www.artlinekilim.com)

         PASA       静岡市葵区呉服町2-2-4     TEL 054-266-4662

店舗の詳細はこちらをご覧ください(www.pasa-pasa.com)

 

「ギャッベ」という言葉をご存じの方は多いと思います。

イランの遊牧民が織る素朴な雰囲気のじゅうたんのこと。

天然素材で草木染、地球にやさしい、子供にやさしい、人にやさしい、ペットにやさしい

とても使い心地のいいギャッベ

お手入れ簡単、一年中使える、一生使える、次世代まで受け継いで使える

とてもじょうぶなギャッベ

山羊、羊、鹿、らくだ、鳥、生命の樹、花、テント、子供など

自分たちの生活に密着する大切なものを模様として織り込んでいる

素朴な雰囲気のかわいらしいギャッベ

ギャッベの愛用者は、日本をはじめ世界中に広がっています。

 

「ザグロスギャッベ」は、静岡で15年、じゅうたん専門店としてご愛顧いただいている「アートライン」が、イランに持つ自社工房で、素材、染め、デザインにこだわり製作しているオリジナルギャッベです。

柔らかい仔羊の毛を使い、しっかりと草木で染め、細かく織る

織子さんの個性を生かしながらオリジナルのデザインで織る

「ザグロスギャッベ」は、糸をつむぐ過程からギャッベを織って仕上げる過程までの全工程をイランで行っている100%イランギャッベです。

 

アートライン本店と、呉服町店パシャでは、6月20日(木)~23日(日)の4日間、

新しく入荷したばかりの「ザグロスギャッベ」の展示会を開催します。

たくさんのかわいらしいギャッベが各サイズたくさん入荷しております。

ギャッベ好きのスタッフが丁寧にご説明させていただきます。

是非、見にいらして下さい。

 

一生物は、クリーニングや修理などのアフターフォロー万全の

身近な専門店でお買い求めくださいね(^_^)/

まずは見にいらして下さい。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザグロスギャッベ新作入荷

今月初めにイランから入荷したギャッベのタグ付作業が完了しました!
一枚一枚サイズをはかり、タグを作り、商品に付け、再度商品をチェックします。
ほぼ二人での作業ですので時間がかかりました(^_^;)

あとは店舗ごとに分けて展示会の準備です!

「ザグロスギャッベ新作展示会」は4月6日(土)からです!

 

素敵なギャッベが2,000枚入荷しています。

たくさんの皆様に見ていただきたいです(^・^)

「値段が高くても、良いものを使いたい」

今朝のTBSテレビの番組を見ていたら、

「値段が高くても、良いものを使いたい」というテーマで

美容家のIKKOさんが

「高級寝具」 「バカラのグラス」 そして「ペルシャ絨毯」を紹介されていました。

職業柄、こういった内容の番組は、つい見入ってしまいます(^_^;)

 

以前に放送された「マツコの知らない世界・ペルシャ絨毯の世界」の時もそうでしたが

こういう番組の影響力って大きいですよね。

 

「良い物は決して安い買い物ではないけれど、毎日使うから日割り計算したら安いでしょ!

孫の代まで使えるし」 なんてIKKOさんがおっしゃっていると説得力がありますよね!

 

番組内で紹介されていたペルシャ絨毯、もちろんアートラインでもたくさん見ることが出来ます

 

※ ナイン絨毯

※ クムシルク絨毯

 

そして、アートラインにはペルシャ絨毯だけでなくトルコの絨毯も豊富にご用意しています。

トルコとペルシャ(イラン)は、昔から競い合っていい絨毯を織っていますので、どちらも甲乙つけがたい素晴らしい絨毯です。

ということで、トルコ絨毯もご紹介しますね!

※ ヘレケウール絨毯

※ヘレケシルク絨毯

 

興味を持っていただいた方は、是非見比べてください。

 

メディアを通して、手織りの絨毯をたくさんのお客様に広めて下さるとうれしいです。

 

 

 

 

 

静岡新聞・アステンに掲載されました。

毎日毎日暑い日が続きます。
テレビでも取り上げられていますが「熱中症」に注意して下さいね!

さて、地方紙ですが、本日発行の静岡新聞社のアステン8月号に掲載されましたので記事をご紹介します。

シルクやウールなどの敷物は一年を通して快適にお使いいただけます。
お部屋のアクセントにもなりますよね。
是非一度見にいらして下さい。

また、夏の暑い時期に絨毯のクリーニングをお考えのかたも是非ご相談ください。
房直しなどの修理も承ります。

定期的なお手入をして、いい絨毯を長く楽しんでください。

ペルシャ絨毯の房直しとクリーニング

お客様からご依頼いただきました、ペルシャシルク絨毯の房直しとクリーニングが完成しましたのでご紹介します。

20年ほど前に、お母様から新築祝いにとプレゼントされた思い入れのある絨毯とのこと。

ご依頼いただいた時には、房がだいぶとれてしまっていました。

 

房を全部取りかえ、クリーノングも済ませ、きれいに仕上がってきました。

手織りの絨毯は、定期的なメンテナンスをお勧めします。

目には見えなくても、埃や汚れはついてしまいます。

そのままの状態で長く使われると糸が弱くなってしまうこともあります。

何よりきれいになると気持ちがいいですよね(^-^)

アートラインでは、絨毯のクリーニング、修理を専門の技術者が行わせていただきます。

是非、ご相談ください。

8/11~13の営業時間について

暑中お見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続きますが、皆様体調はくずされていませんか?

早いもので、8月ももう半ば、お盆休みに入られる方も多いのではないでしょうか?

さて、明日8月11日(金)~13日(日)の3日間は、静岡市の毎年恒例のイベント「夜店市」が開催されます。

弊社の運営します、パシャ呉服町にも毎年たくさんのお客様にご来店いただきます。

つきましては、夜店市開催中の3日間は、アートラインの営業時間を夕方4時までとさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

静岡の夏の風物詩にもなっている「夜店市」は、毎年たいへん多くの人で賑わいます。

お盆で帰省中の方や、夜店市を目的に静岡県外からもお見えになるお客様もいらっしゃるようですよ!

是非お出かけください。

静岡呉服町通りのパシャにてお待ちしております(^_^)/

 

6/17(土)6/18(日)は、静岡家具メッセに出展のため店舗休業のお知らせ

明日、6/17(土)6/18(日)は、静岡市のツインメッセ静岡で開催されている「シズオカKAGUメッセ」の一般公開日となります。
アートラインも出展するため、東新田店舗と藤枝店「アートハウス」をお休みとさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

ツインメッセ静岡、静岡呉服町店「パシャ」に是非お出かけください。